なぜ、顧問弁護士がいると経営向上につながるのか?

争いや裁判が起こってしまうと、業務に支障が出るばかりでなく、御社のイメージダウンにもなってしまいます。しかし顧問弁護士がいれば、契約や交渉時など重要な場面で事前に相談することができるので、争いの原因を未然に防ぐことができます。

 

難しいことは専門家に任せることで、安心して業務に集中することができるようになります。その結果、御社の経営状態が向上し、業務の効率化にもつながるのです。

 

事務所名の「FORWARD」には、「前へ」や「前進」という意味があります。御社がより良い未来に進むため、全力でサポートいたします。どうぞお気軽にご相談ください。

理念・コンセプト

顧問業務

法的な事項に関する相談業務や、契約書のリーガルチェックなど、優先して即時に対応いたします。

取引当事者間の紛争

支払われるべき料金の未納問題や、損害賠償をしたい場合など、取引間の問題を解決いたします。

契約書のリーガルチェック

後の紛争を未然に防止できる内容となっているかどうかなど、ポイントを抑えてチェックいたします。

建設・不動産に関する対応

不動産の売買や、建設にまつわる紛争等のトラブルの、早期解決に向けて対応いたします。

▲ページTOP